キャリアアップのための方法とは?

看護師のキャリアアップ



看護師の方は向上心が強くキャリアアップをしたいと考えている人がたくさんいます。より高度な医療に携わりたいという人は大手の病院や都市部の病院に転職をしています。また、看護師求人サイトを活用して転職する以外にもキャリアアップする方法があります。それが専門看護師という資格です。

専門看護師とは、色々な科が存在する病院の中で、その科の分野を専門的に 学んだ看護師のことをいいます。
シングルマザー看護師の転職活動のポイント

例としては、がん看護専門看護師、小児看護専門看護師、母性看護専門看護師、 感染症看護専門看護師など色々な専門看護師の仕事があります。

一般の看護師には任されないような重要な仕事を任されることもありますし、 研修の実施や後輩の育成、現場のリーダーなどを任されることも少なくありません。

そんな専門看護師になるためには、一定年数以上の経験を専門分野で 積まなければなりません。もちろん、経験を積めば誰でもなれるわけではなく、 経験を積んだ後に看護系大学の大学院で所定の単位を取得しなければなりません。

大学院では、通常2年間の課程が用意されているため、その間仕事をすることが できません。また、大学によっても異なりますが、費用も授業料と入学金を 合わせて年間100万円ほどがかかるといわれています。

金銭的にも時間的にも余裕がなければ資格取得が難しいのが現状です。 給与に関しては、医療機関によっても異なりますが、若干上がると言われています。 しかし、専門看護師だからといって極端に給与が上がるということはないようです。

専門看護師という資格がなくても看護師としては働く事ができます。 専門看護師はその分野のスペシャリストですので、通常の看護師とは異なり、 人に指示される側ではなく、人に指示する側になります。

その分、迅速な判断、適切な処理などを求められてきます。 通常の看護師とは異なったやりがいや充実感などを感じる事ができるのが 専門看護師の大きな魅力でしょう。 キャリアアップを目指すのであれば、その分野のスペシャリストとして 専門看護師を目指すという方法も良いのではないでしょうか。

看護師が転職先の人間関係に関する情報が欲しい時

転職活動をスタートさせる理由は人それぞれです。給与面や残業の多さなどへの不満、またはキャリアの向上を目指して・・・、という志の高い看護師の方もいらっしゃるでしょう。

多くの場合、転職をスタートさせた理由はそのまま転職先に求める条件や志望動機に反映してくるはずです。たとえば、もしも給与に不満があったのであれば、転職活動の焦点は高収入に絞られてくるかと思います。

つまり、転職活動を意味のあるものにしたいとお考えなのであれば、それだけ転職を意識することとなった理由が重要になってくるはずなのです。

男女限らず誰でも目指すことのできる職業であっても、看護師はやはり女性の多い職場で働くこととなります。女性の占める割合が高いとなれば、切り離せなくなる不満には人間関係が挙げられるでしょう。

現に今お勤めの職場に対する人間関係の悪さから転職を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そうなれば、次に勤める職場に求めるものとして人間関係の良さがピックアップされるはずです。

ところが、その職場の環境についての情報は求人情報に記載されてはいません。もしも職場のムードに触れることが書かれていたとしても、ネガティブな情報はまず無いはずです。

人間関係に思い悩んでの転職活動を進める看護師の方にとって重要な情報は、お局様的な存在の上司・先輩の存在や、派閥の有無、またその職場が醸し出すムードなど、現場でどのような人が働いているのか?またイジメが起こり得る職場なのか否か?といった点ですよね。

この情報を入手しないことには、安心して転職活動も進めることができません。もしもこのような情報が欲しい時、活用していただきたいのは、看護師の転職サイトで受けることのできるコンサルタントからの転職相談です。

転職サイトのコンサルタントは、たとえばハローワークの職員では知り得ない内部情報を握っているケースが少なくありません。職場で働く職員はどのようなタイプが多いのか、派閥は存在しているのか・・・?

人間関係できになる情報をしっかり入手して、転職活動に活かしましょう。

すでに希望の転職先が決まっている看護師の転職活動

「転職するなら、どうしてもあそこで働きたい!」と、希望の転職先がすでにきまっている看護師の方もいらっしゃるでしょう。希望する病院(または企業)がすでに決定しているころは、一見すれば転職活動における求人選びの手間もなくスムーズに進むのでは?とも感じられてしまいます。

ところが、現実はそう簡単ではありませんよね。

たとえ希望する転職先が存在していたとしても、その職場が求人活動を行っているとは限りません。その病院(企業)のホームページをこまめにチェックする、ハローワークや求人媒体などからも情報収集を続ける・・・。

口で言うのは簡単ですが、実際にそんな地道な転職活動を続けることができるのでしょうか? もしも希望の転職先の求人情報を得たいとなった時、どのような手段が有効なのでしょう?

じつは、現在ちまたで目にする求人情報は、全体の2割程度しかないと言われています。残りの8割は、限られた看護師にしか入手することができない「非公開求人」と呼ばれ、応募の殺到や求人活動の手間やコストを省くために特定の人材にのみ公開されているのです。

もしも希望の転職先が出す求人が、その非公開求人だったとすれば・・・、必死に情報収集をしていても入手することはできない、という事になってしまいますね。

また、人気の高い職場であるほど非公開求人として求人を出していることが多いようです。人気のある職場は、情報公開後に応募の殺到が予想されます。その応募一つ一つに対応していては、時間や手間、またコストが掛かってしまうのです。

限られた看護師のみに公開される非公開求人であれば、これらの削減が可能になる、という理由があります。

では、非公開求人を入手できる限られた看護師、とはどのような条件なのでしょう?それは、看護師の転職サイト会員となっている看護師です。つまり、非公開求人を入手するには看護師の転職サイトへの登録が近道、というわけですね。

また、サイトによって扱う求人は異なってきますので、より確実に希望の求人情報を入手したいのであれば、複数のサイトへの登録をお勧めします。